石川県病院厚生年金基金
お問い合わせ サイトマップ リンク

平成20年4月より離婚時の「第3号分割」がはじまりました

(2008.04)
離婚時の年金の「第3号分割」について
厚生年金保険に加入する会社員(国民年金第2号被保険者)に扶養されている妻は、国民年金の第3号被保険者となります。
第3号被保険者期間に、会社員の夫が納めた厚生年金保険料は、夫婦が共同で負担したものとみなされます。
このため、離婚した場合に、妻の請求にもとづき、平成20年4月以降の第3号被保険者期間にかかる夫の厚生年金保険料納付記録の2分の1が、合意なしでも妻に分割されます。
この分割の対象となる期間は、平成20年4月以降の婚姻期間に含まれる第3号被保険者期間に限られます。
※ここでは妻を第3号被保険者としていますが、夫が第3号被保険者となるケースもあります。
第3号分割のイメージ
※基本年金の代行部分にかかる掛金納付記録のみ対象となります。
厚生年金基金の取扱い
・厚生年金の一部を国に代わって運営・支給している基金の年金(基本年金の代行部分)についても、厚生年金の取り扱いと同じ方法で分割されます。
・基本年金のプラスアルファ部分や加算年金については、分割の対象外です。
厚生年金基金とは
基金の退職年金
掛金と保険料
財政報告