石川県病院厚生年金基金
トップページ お知らせ お問い合わせ サイトマップ リンク 個人情報の取り扱い

年金制度のしくみ

基金の年金は、国の年金をベースとする「もう一つの年金」
年金制度とは、高齢になったときなどに備えて、若いうちに保険料や掛金を拠出し社会全体で支えあうしくみになっています。しかし、高齢化がますます進展し、ライフスタイルが多様化するなかで、高齢期の生活をより充実したものにするには、国の年金制度だけでは必ずしも十分でないのが実情です。
厚生年金基金では、 本来国が支給する老齢厚生年金の一部を代行し(代行制度)、企業・業界独自の年金給付を上乗せすることによって、従業員(加入員)に対して高齢期の所得を保障する役割を果たしています。
代行のしくみ
国の年金は、国民年金と厚生年金
国の年金には、「国民年金」と「厚生年金」があります。
日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入することになっており、将来すべての国民に共通する「基礎年金」をうけます。
民間の会社に勤める人は、国民年金のほかに厚生年金保険にも加入し、退職もしくは70歳になるまで加入し続けます。厚生年金保険からは、在職中の給料に比例した「厚生年金」をうけます。
病院基金は、私たちだけが加入する年金制度
基金の加入事業所で働く私たちは、国の年金に加えて、石川県病院厚生年金基金に加入します。
石川県病院厚生年金基金は、石川県内の病院、診療所、老人保健施設、ならびに関連事業所などが参加して独自に運営する年金制度です。
基金への加入は、厚生年金保険と同様に、入社(入職)から退職もしくは70歳になるまでです。基金からは「退職年金」をうけます。
このため、病院基金の加入員は、将来、基礎年金、厚生年金、基金の退職年金の3つの年金をうけることができます
厚生年金基金とは
年金制度のしくみ
事業概要
厚生年金基金規約
   ユーザー名: byoin
基金の退職年金
掛金と保険料
財政報告